ベネチア国際映画祭が開幕 黒沢清監督作、主要賞競う

2020/9/3 15:32
保存
共有
印刷
その他

【ローマ=共同】世界三大映画祭の一つ、第77回ベネチア国際映画祭が2日、イタリア北部で開幕した。最高賞の「金獅子賞」など主要賞を競うコンペティション部門に黒沢清監督の「スパイの妻」が出品されている。新型コロナウイルスの感染収束が見通せない中、対策を徹底したとして開催に踏み切った。

2日、イタリア北部で開幕したベネチア国際映画祭の審査員ら=ゲッティ・共同

コンペ部門の審査員長で俳優のケイト・ブランシェットさんは開幕に先立つ記者会見で「われわれは映画界を安全に再開させなければならない」と述べ、世界の映画製作者に連帯を呼び掛けた。

「スパイの妻」は、太平洋戦争開戦前に偶然恐ろしい国家機密を知り、正義感から世に明かそうとする男性とその妻の物語。蒼井優さん、高橋一生さんらが出演し、日本では10月16日に公開される。主要賞の結果は9月12日に発表されるが、黒沢監督らは今回、現地入りは見送るという。

新型コロナ対策の一環でバーチャルリアリティー(VR)部門はオンラインで実施。ゲームデザイナーの小島秀夫さんが同部門の審査員を務めるほか、同部門のコンペティション作品として伊東ケイスケ監督のVRアニメーション「Beat」が出品されている。

開幕式では、7月にローマで亡くなった映画音楽界の巨匠エンニオ・モリコーネさんの曲が、息子の音楽家アンドレアさんの指揮で演奏された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]