中止の「横浜マラソン」 オンラインで開催

神奈川
2020/9/3 15:26
保存
共有
印刷
その他

横浜マラソン組織委員会は3日、新型コロナウイルスの感染拡大により中止となった「横浜マラソン 2020」の関連イベントとして、オンラインマラソンを実施すると発表した。スマートフォンのアプリを使い、指定期間内に規定の距離を走ってもらう。

参加者は全地球測位システム(GPS)を用いたスマホのトレーニングアプリ「TATTA」を使って好みのコースを決め、11月1~14日の期間内に走る。複数日に分けても構わない。

距離別にフルマラソン、ハーフマラソン、10キロメートルの3種目。募集人数は計2000人で参加料はいずれも2500円。12月にも開催を予定しているほか、連携したランニングのオンライン講座も実施する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]