/

中止の「横浜マラソン」 オンラインで開催

横浜マラソン組織委員会は3日、新型コロナウイルスの感染拡大により中止となった「横浜マラソン 2020」の関連イベントとして、オンラインマラソンを実施すると発表した。スマートフォンのアプリを使い、指定期間内に規定の距離を走ってもらう。

参加者は全地球測位システム(GPS)を用いたスマホのトレーニングアプリ「TATTA」を使って好みのコースを決め、11月1~14日の期間内に走る。複数日に分けても構わない。

距離別にフルマラソン、ハーフマラソン、10キロメートルの3種目。募集人数は計2000人で参加料はいずれも2500円。12月にも開催を予定しているほか、連携したランニングのオンライン講座も実施する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン