/

浜松のROKI、マスク工場設立へ フィルター技術生かし

自動車用ろ過器などを手掛けるROKI(浜松市)は、マスク工場を2021年春に設立する。自動車用フィルターなどに持つ技術を生かし、医療用マスクなどを月に最大2000万枚生産する。日本のマスク自給率の改善につなげる。

工場は同社の浜松工場に隣接する敷地に建設する。延べ床面積は約3700平方メートル。まずは一般向けと医療用マスクを生産し、新型コロナウイルスの収束後を見据えた将来は、より高機能なマスクも手掛ける計画だ。

設備投資額は約26億円。建設にあたり国からの補助金の採択を受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン