/

この記事は会員限定です

[FT]バフェット氏が日本の商社に賭ける理由

[有料会員限定]
Financial Times

日本の総合商社は独特の文化を持ち、し烈な競争を繰り広げているうえ、ライバルと比べられることを恐れている。

そのうちの1社は絶滅危惧種「クロマグロ」の取扱量が世界最大規模で、別の1社はシベリアの刑務所の管理システムを構築した。もう1社は経営幹部の思考力を高めるため庭用のスイングチェアを設置したばかりで、他の1社は史上最悪レベルの取引スキャンダルに関与した。そして5つ目の会社は、15世紀イタリアの画家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3903文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン