/

この記事は会員限定です

米制裁下の中国ハイテク、好決算の裏側

編集委員 川瀬憲司

[有料会員限定]

中国企業は週初までに、6月中間決算の開示を終えた。コロナ禍で赤字転落や大幅減益が相次いだ中、米国政府の制裁対象となったハイテク企業の好決算が目を引いた。技術力や営業力といった本業の強さもあるのだろうが、よく目を凝らすと政府補助金の存在が浮かび上がってくる。

「我々は2019年10月8日、米国の『エンティティー・リスト(EL)』に載せられた。我々の技術が先進的過ぎたからかもしれない」。人工知能(A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1234文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン