/

宇都宮駅東口の高級ホテル、ブランド決定は20年末に

宇都宮市は3日、JR宇都宮駅東口に整備予定の高級ホテルについて、ブランドの再選定時期が9月から年末にずれ込むことを明らかにした。ホテルを巡っては当初予定していたブランドの進出が難しくなり、整備事業者は9月までに新たな事業計画を市に提出するとしていた。再選定の遅れでホテルの開業時期も予定の2022年夏から23年以降に遅れそうだ。

9月市議会の一般質問で熊本和夫議員の質問に、総合政策部の鈴木孝美部長が答弁した。コロナ禍で世界的に旅行需要が蒸発し、ホテル建設への投資は厳しい状況が続いている。市は野村不動産を代表とする駅東口整備事業者「うつのみやシンフォニー」から「ゼネコンや銀行と慎重に協議を進める必要がある」と伝えられたという。

市駅東口整備室によると、新たなホテルブランドは4候補あり、資金調達や建設を担う事業者も2社が手を挙げている。280室程度を予定していた客室数は減る公算が大きい。鈴木部長は「9月中に決まらなかったのは残念だ。ただ、検討内容は具体的で、年末までにブランドを確定できるだろう」と期待を示した。

整備事業は駅東口の2.6ヘクタールの敷地にコンベンション施設や分譲マンション、病院などを建設する。高級ホテルは下層階に商業施設が入り、当初はタイのホテルブランド「デュシタニ」の進出を予定していた。ただ、19年の段階で資金調達が難航。うつのみやシンフォニーは市にブランドを再選定する意向を伝えていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン