/

タカラトミー、謎解きできるパソコン型玩具

パソコン型玩具の需要は高まっている

タカラトミーは、パソコンに関する技能や謎解きができるパソコン型の玩具を10月1日に発売する。米マイクロソフト監修のアプリでパソコン操作を学べるほか、英語学習やゲームも楽しめる。幼少期からパソコンに慣れさせたい親の需要を取り込む。

パソコン型玩具「スキルアップ タブレットパソコン スピカノート」を発売する。キーボードを取り外すとタブレット型で使うこともできる。70種類のアプリで遊べる。価格は税別1万8000円で全国の玩具店や電子商取引(EC)サイトで購入できる。

英語教材はECC、パソコン教材はマイクロソフトがそれぞれ監修する。謎解きで活躍する松丸亮吾さんが監修する謎解きアプリでは思考力が身につけられるようになっている。

コロナ下のオンライン教育の普及などを背景に早期にパソコン技能を身につけさせたいと考える親は増えている。2020年度内に10万個の売り上げを目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン