/

この記事は会員限定です

強まる安値志向、コメ消費戻らず 神明・藤尾益雄社長

コロナ異変を聞く

[有料会員限定]

――コロナ禍で外食が減り、家庭でご飯を食べる人が増えた。コメ卸の立場からどうみる。

「中食・外食で減った分を家庭の需要増でカバーしきれていない。家庭ではずっとご飯というわけにはいかないのではないか。特に暑い時期はそうめんやそばに移る。在宅勤務が広がり、都心のコンビニもランチ需要が減っている」

――2019年産米の需要量は前年比22万トン減と大きく減った。

「これまで5年間価格が上がってきた反動に加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン