未完の東欧革命 大国が翻弄する「緩衝地帯」
Global Economics Trends 欧州総局編集委員 赤川省吾

ドイツ政局
赤川 省吾
Global Economics Trends
編集委員
2020/9/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソ連・東欧諸国が共産党支配を倒した東欧革命から30年が過ぎた。共産圏の頂点に君臨したソ連は解体され、軍事同盟のワルシャワ条約機構も消滅した。だが東欧の民主化は道半ばだ。足元ではベラルーシで独裁体制を敷くルカシェンコ大統領が権力にしがみつく。「自由と民主主義の砦(とりで)」を自任する欧州の弱みがここにある。

■ベラルーシで続く反体制活動

ベラルーシでは8月に行われた大統領選で現職のルカシェンコ氏が6…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]