/

欧米で神経剤非難相次ぐ NATO「軍事級」

【ブリュッセル、パリ、ワシントン=共同】ロシア反体制派ナワリヌイ氏が猛毒の神経剤ノビチョクと同じグループに属する物質で襲撃されたとのドイツ政府の発表を受け、欧米では2日、非難の声が相次いだ。北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は声明で「軍事級の神経剤の使用」に衝撃を受けたと強調した。

NATOのストルテンベルグ事務総長は声明で「軍事級の神経剤の使用」に衝撃を受けたと強調した=ロイター

米ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)は声明で「非難すべきことだ。ロシアは過去にもノビチョクを使用したことがある」と指摘。「証拠に基づき、ロシアで関与した者たちに責任を負わせ、悪質な行為への支援を制限すべく同盟国や国際社会と協力する」とした。

フランスのルドリアン外相も声明で「最も強い言葉で非難する」とし、化学兵器禁止機関(OPCW)での対応を調整すると表明した。「ロシアでのナワリヌイ氏の政治的立場を考えると(特殊な神経剤による)襲撃は強い疑念を引き起こす。答える責任はロシア当局にある」と批判した。

ストルテンベルグ氏は「NATOは化学兵器の使用を国際的な平和と安全への脅威と見なす」とし、同盟国で協議すると指摘。ロシアに対し、透明性のある調査を早急に実施するよう促した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン