/

この記事は会員限定です

トランプ氏巻き返し、恐怖指数に異変

米州総局 後藤達也

(更新) [有料会員限定]

米国株の急変動の警戒度を映すVIX指数に異変が起こっている。時期ごとに取引する先物市場で、10~11月にかけて警戒が飛び抜けて高まっているのだ。最大の理由は11月3日の米大統領選。ここへきてトランプ大統領の当選確率が賭けサイトで盛り返しており、株価がどちらに転ぶか読めなくなっている。

バイデン氏50.2、トランプ氏49.7――。リアル・クリア・ポリティクスが集計した賭けサイトでのレートは1日、両大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン