/

FC東京4強、ルーキー安部2発 味方がお膳立て

FC東京の大卒ルーキー・安部は2ゴールの活躍でも「チームメートに感謝したい」。謙虚な言葉も納得できるほど、前線の味方のお膳立てが見事だった。

この日2点を決めたFC東京・安部=共同

37分の先制点。ディエゴオリベイラがするすると右サイドをすり抜ける。マークについた相手の股間を狙い澄まして通したクロスは永井がスルー。走り込んだ安部は足に当てるだけだった。

53分の追加点は、レアンドロからペナルティーエリア内でボールを受けたディエゴオリベイラが中にちょこんとパス。これも安部にとっては冷静に流し込むだけだった。

チーム一丸で攻めた結果の2得点だが、守備でも一枚岩となり相手に素早くプレッシャーをかけ続けた。前からプレスをかける意識が高かったからこそ、相手のパスをさらったアダイウトンに3点目が生まれた。

長谷川監督は「先制点も追加点も理想的な形で取れて、ダメまで押した。選手がよくやってくれた」と目を細めた。1カ月後の準決勝は川崎と対戦する。攻撃も守備もさらに真価を深めたい。(田原悠太郎)

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン