/

この記事は会員限定です

「西武の内海」初勝利 38歳辛苦乗り越え

[有料会員限定]

当然ながら、西武・内海が巨人時代に積み上げた133勝という数字はダテではない、という投球術が出たのが五回だった。2死から菅野に当たり損ねの内野安打、田村に右前打を喫して一、三塁。9番の新鋭、和田を迎えた。

 「1番の中村(奨)選手に回すとよくない」と和田だけに集中。「ボテボテのゴロかポップフライ」をイメージしたという左打者の懐に食い込む球で、狙い通りに三邪飛を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン