24時間強制「独禁法違反」 コンビニ、FCモデル転機

2020/9/2 22:54 (2020/9/3 5:34更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公正取引委員会は2日、コンビニエンスストア本部がフランチャイズチェーン(FC)加盟店に24時間営業などを強制すれば独占禁止法違反になりうるとの見解を示した。FC店に対する本部の優越的地位の乱用をけん制する姿勢を明確に打ち出した。人手不足と人口減少に伴う市場縮小で、コンビニの成長を支えてきた日本のFC経営モデルが転換期を迎えている。

コンビニのオーナーや従業員の長時間労働が社会問題となったため、2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]