/

この記事は会員限定です

Apple課金「対応必要」 公取委委員長、米裁判を注視

(更新) [有料会員限定]

公正取引委員会の杉本和行委員長は2日、米アップルがアプリ開発事業者に対し、自社のアプリ販売サイトや電子決済サービスの利用を義務づけていることについて「具体的な行動に関して検討していかないといけない」と述べた。公取委で調査し、競争政策上の対応をとる必要があるかどうかを判断する。日本経済新聞の取材に語った。

アップルのスマートフォンなど向けのアプリ販売を巡っては、人気ゲーム「フォートナイト」の米エピッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン