「仕事でコロナ感染」労災申請が急増、100%認定の驚き

2020/9/4 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仕事が原因で新型コロナウイルスに感染したとして、労働者災害補償保険(労災保険)の申請が急増している。5月の30件台から9月2日時点で1000件を超えた。このうち審査を終えた約500件について厚生労働省はすべて労災を認めた。認定率は脳疾患などで3割程度であり、100%は異例。医療関係者だけでなく小売業など一般の仕事でも可能性が高ければ認定する新方針の効果だ。どのように運用されているのか。

■労災保険

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]