フィギュア販売のアクアマリン、コロナ禍で幕引き
企業信用調査マンの目

ビジネス
2020/9/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アニメキャラクターのフィギュア(人形)製作販売やアニメグッズなどの販売を行っていたアクアマリン(東京・千代田)が、8月4日に東京地裁で破産手続き開始決定を受けた。負債額4億6400万円と大きな倒産ではなかったが、ネット上で大きな話題になるほど人気のフィギュアを扱っていた。もともと収益力に課題を抱える中で、新型コロナウイルスの影響が追い打ちをかけた。

同社はフィギュア製造を手掛けていた同人サークル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]