藤田医科大と米社、コロナワクチンで治験計画 21年にも

新型コロナ
ヘルスケア
2020/9/2 20:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

藤田医科大学は、米バイオ企業のエリクサジェン・セラピューティックスが開発中の新型コロナウイルス向けワクチンについて、2021年にも日本で臨床試験(治験)を始める。ウイルスの遺伝子情報を用いるRNAワクチンの一種で、安全性を確かめることが目的。確認できれば、製薬企業などによる大規模な治験に進む方針だ。

治験を予定しているのは、米社のワクチン「EXG-5003」。皮膚のなかに投与すると、ウイルスが人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]