/

この記事は会員限定です

TikTok担い手の器 世界データ攻防と危うい日本

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

米国人1億人分の個人情報の行方やいかに。中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業売却は、両国政府の介入もあり、混沌としている。ただ買い手候補の米国企業は複数あり、受け皿では困らない。

もし仮に日本ならどうだろう。政治的な要素もはらむ巨大な個人情報の塊をコントロールし、ビジネスとして成長させる能力と意欲のある会社があるだろうか。単なる資金力の問題ではない。

早い段階でTik...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン