/

この記事は会員限定です

塩野義製薬、薬の生産受託2.5倍へ ナガセ医薬品買収テコ

[有料会員限定]

塩野義製薬の生産子会社、シオノギファーマ(大阪府摂津市)が外部との連携を加速している。10月に注射剤向けの特殊技術を持つナガセ医薬品(兵庫県伊丹市)を買収。ホソカワミクロンとの協業にも乗り出した。医薬品製造は外部委託が進んでいる。扱える薬剤の種類を増やし、2025年3月期には塩野義以外からの受託事業の売上高を19年3月期比で2.5倍の100億円以上に引き上げる目標だ。

シオノギファーマは塩野義から切り出した生産本部などと、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン