/

JAL、星空眺める遊覧飛行 運休中の国際線機材活用

日本航空(JAL)は2日、夕暮れや星空を上空から眺める周遊チャーターを月内に実施すると発表した。国際線機材を活用、ハワイ線の機内食をアレンジし提供するなど海外旅行気分が味わえるようにする。新型コロナウイルスの感染拡大で国際線を中心に大幅な運休と航空機の稼働停止が続く中、新たな機材活用法として遊覧飛行に取り組む例が増えている。

26日に実施する。午後4時半頃に成田空港を出発し日本各地を周遊、午後8時頃に再び成田空港に戻る約3時間半のフライトを予定する。室内照明を消した上での星空観賞など通常のフライトとは異なる演出も実施する。

国際線用に使われている米ボーイングの中型機「767-300ER」を使用する。料金は窓側のビジネスクラス席が1席3万9000円、エコノミークラスが窓側2席(2名利用)で4万8000円など。搭乗記念として搭乗証明書や国際線用のアメニティーグッズを提供する。最少催行人数は70人以上で、3日午後2時から電話で受け付ける。

航空業界では全日本空輸(ANA)が欧州エアバスの超大型機「A380」を使った遊覧飛行を実施するなど、周遊フライトに乗り出す例が相次いでる。直接的な収益面の狙いに加え、航空機は一定期間飛行していないと大がかりな整備が必要になる。「一石二鳥」とも言える遊覧飛行は今後も広がりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン