/

核のごみ「必ず風評被害」、4町長が寿都町に自制求める

道南4町の町長が寿都町の片岡町長(左)に要望書を出した(2日、寿都町)

北海道八雲、長万部、今金、せたな各町の町長4氏が2日、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場誘致につながる文献調査に応募しないよう寿都町の片岡春雄町長に要請した。岩村克詔・八雲町長は「必ず風評被害がある。交付金で街づくりをするのは間違いだ」と訴えた。

文献調査は最終処分場誘致の第一段階だが、なし崩し的に最終処分場誘致の議論が進むのではとの懸念も強い。長万部町の木幡正志町長は「本当に段階的に議論がいくのか。我々としては降りてほしい」とした。

今金町の外崎秀人町長は「寿都町だけで判断する問題ではない。ゼロベースで一緒に議論していきたい」。せたな町の高橋貞光町長も「今後、十分勉強して議論を深めるのは異論ないが、最終的には賢明な判断をお願いしたい」と訴えた。

記者団の取材に応じた片岡町長は「寿都が核のごみの議論に一石投じたことを理解してもらえた。1自治体だけでなく国全体で議論を広げるべきだ」と述べるにとどめた。

寿都町は7日から始まる一般町民向け説明会を経て、10月以降に文献調査に応募するかどうかを決める。北海道の鈴木直道知事も3日、同町を訪問して文献調査について意見交換する予定だ。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン