トルコ 「脱アタチュルク」エルドアン大統領の思惑
イスタンブール支局 木寺もも子

グローバルViews
コラム(国際)
2020/9/7 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トルコのエルドアン政権下で、「建国の父」として絶対的存在とされてきたアタチュルクの記念行事や建築物などの歴史的遺産を縮小、廃止する動きが相次いでいる。一方で進むオスマン帝国時代への再評価は、社会のイスラム主義化や親欧米外交からの転換を象徴している。

イスタンブール中心部にある世界遺産の旧大聖堂アヤソフィア(ハギア・ソフィア)が博物館からモスクに変更されてから約1カ月、周囲は様変わりしている。

■モ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]