/

九電、森林資源を見える化 ドローン活用

九州電力は、ドローンや人工知能(AI)を活用して森林資源を正確に把握するための新たなサービスを始める。ドローンで取得した3次元の測量データをAIが分析。森林の地形や樹木の本数などが高い精度で分かるという。

災害リスクの把握や林業活性化などに取り組む自治体向けに提供する。グループの九電ビジネスソリューションズ、九州林産の2社と共同で手掛ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン