/

この記事は会員限定です

雇用悪化で試練、人材派遣や不動産の戻り鈍く

証券部 佐藤俊簡

[有料会員限定]

安倍晋三政権の最大の功績に挙げられることが多いのが雇用の改善だ。だが、新型コロナウイルスという伏兵の登場で、新政権への移行を前にその雇用が大きく崩れ始めた。7月の有効求人倍率は約6年ぶりの低水準で、「人手不足」を追い風にしてきた人材関連業界には強い逆風が吹く。雇用悪化は長期化する恐れがあり、不動産など多くの業界が悪影響を受けそうだ。

2日の東京株式市場では日経平均株価が前日比109円(0.5%)高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン