/

ヨロズ株、投資会社レノなど10.22%に買い増し

旧村上ファンド系の投資会社レノ(東京・渋谷)などが自動車部品メーカーのヨロズの株式10.22%を保有していることが2日、明らかになった。3月時点の9.19%から買い増した。レノは保有目的を「投資および状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為などを行うこと」としている。

関東財務局に提出された大量保有の変更報告書で明らかになった。レノは14~15年ごろに共同保有分をあわせ、12%のヨロズ株を取得。株主還元などを要求してきた経緯がある。その後は株式の売却を進めていたが、19年3月時点で同社株5%を再度保有して買い増しを続けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン