/

甲府市と市医師会、独自にPCR検査 ピーク時に対応

甲府市と市医師会は2日、新型コロナウイルスの再拡大を見据え、独自にPCR検査体制を拡充すると発表した。市地域医療センター内に唾液で検査可能な全自動PCR検査装置を導入する。1日の検査可能数を24件増やし、流行ピーク時に対応する。12月の検査開始を見込む。

市保健所は現在、1日40件のPCR検査の実績があり、医療機関を含めて市内で最大70件の検査能力があるという。国の検査需要推計に基づき流行ピーク時に必要な検査件数を試算すると、甲府市は1日80~90件で、今回の体制拡充で満たすことになる。

樋口雄一市長は「依然として警戒が必要な状況で、感染者の早期発見と早期治療に向け、迅速で適切な検査体制を強化しておくことが重要」と述べた。

市内のPCR検査は現在、医療機関が院内で一部実施するほか、かかりつけの診療所などを受診した場合は、帰国者・接触者外来で検体を採取し山梨県の機関が検査している。独自の検査体制を整え、一部の診療所で検体の採取もすることで、24件は検査時間を2時間半に短縮できるという。

また、感染を防ぎながら検体を採取できる車両を1台導入し、クラスター発生時などに現地に派遣する。

甲府市が発表した感染者は、8月末現在で山梨県全体の173人のうち72人。特に8月はサービス付き高齢者住宅でクラスターが発生し、感染者が41人に急増した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン