北の大地に核のごみ、懸案施設はどこへ行く

コラム(テクノロジー)
2020/9/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原子力発電所から出る核のごみについて最終処分の有望地を示した「科学的特性マップ」の公表から3年がたった。候補地選定の入り口「文献調査」に北海道寿都(すっつ)町長が手を挙げた。8月26日に開かれた町民説明会では反対意見が続出し、町長の片岡春雄さんは9月を予定していた応募の最終判断を先送りする考えを示した。マップ公表以来、選定作業は遅々として進んでいないのが現状だ。

核のごみは使用済み核燃料からウラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]