/

この記事は会員限定です

バイデン陣営、ネット広告猛追 「あつ森」も活用

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】米大統領選でインターネットを活用した選挙運動が熱を帯びてきた。民主党のバイデン前副大統領の陣営がネット広告費を急増させ、共和党のトランプ大統領の陣営に迫った。両陣営は人気ゲームや新興SNS(交流サイト)も駆使するが、ネット企業のリスクも拡大している。

「こんな僅差ではダメだ。今週、草の根の献金で大きな差をつける必要がある」――。バイデン陣営は1日、米フェイスブックのSN...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン