/

この記事は会員限定です

[FT]バフェット氏の日本商社への投資の狙い

[有料会員限定]
Financial Times

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が投資するのは、ビジネスモデルが堅実で市場から十分に評価されていない企業、つまり割安にみえる企業だ。

三菱商事三井物産住友商事伊藤忠丸紅という日本の5大商社は、今年になって新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)と様々な商品価格の暴落により大打撃を受けてきたことから、現在、割安に評価されているという点でバフェット氏の投資条件を満たしている。

ボラティリティーとインフレが到来する

「オマハの賢人」とも称される同氏は、これら5大商社に63億ドル(約6700...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン