仮想世界支えるリアルの技 モーションアクターの古賀亘さん
中部ひと

2020/9/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

テレビゲームや3D(3次元)アニメに登場するキャラクターが繰り出す鋭いパンチや蹴りは、実際の人間の動きを反映している。コンピューターに記録させるアクションを担う「モーションアクター」として活動する古賀亘さん(48)が関わったタイトルは600以上。開拓者として若手の育成にも力を注ぐ。

愛知県稲沢市で生まれ育った。小学生の時に映画で見たジャッキー・チェンに憧れ、アクションスターを目指すように。高校時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]