/

この記事は会員限定です

バフェット流「一石三鳥」の商社株投資

編集委員 高井宏章

[有料会員限定]

著名投資家ウォーレン・バフェット氏の総合商社への投資が市場の話題をさらっている。唐突で意外感のある決断は、つぶさに見るとバフェット流のエッセンスが詰まった銘柄選択だ。次世代へのバトンタッチもにらんだ「一石三鳥」の一手は実を結ぶか。

8月31日に米バークシャー・ハザウェイが明らかにした「商社株買い」は異例ずくめだった。伊藤忠商事三菱商事三井物産住友商事丸紅の5銘柄を「まとめ買い」して、現状で各社5%程度の持ち株比率を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン