/

パシフィコ横浜、新施設「ノース」で初の大型会議

横浜市は2日、4月に開業した展示場施設「パシフィコ横浜ノース」(同市)で、初の大型国際会議を開催すると発表した。国際青年会議所(JCI)が11月、1万人規模の会議を開く。新型コロナウイルスの影響を受け、オンライン会議を交えた「ハイブリッド形式」で実施するという。

林文子市長は横浜市でのMICE開催に期待感を示した(2日、横浜市役所)

「2020年JCI世界会議 横浜大会」を11月3~7日に開催する。海外などからオンラインでの参加を組み合わせ、参加人数は計1万人ほどの予定。このうち延べ3000~4000人程度が会場に集まる見通しだ。

パシフィコ横浜ノースは国際展示場「パシフィコ横浜」の隣接地で開業。ただ、新型コロナの感染拡大に伴う渡航制限などから展示会や国際会議など「MICE」は中止や延期が相次いだ。林文子市長は「新しいMICE開催のあり方を横浜から発信できる機会だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン