/

スクー、単位取得できるオンライン講座 福岡大と連携

オンライン学習サービスを展開するSchoo(スクー、東京・渋谷)は福岡大学(福岡市)と連携し、授業を共同製作しオンラインで配信する。講義内容は福岡大学、講義の運営はスクーが担う。一般の社会人にも無料で公開する。福岡大はスクーと連携し、オンライン講義で学生と社会人との交流を促したい考えだ。

Schoo(スクー)が配信するオンライン講義のイメージ。福岡大学の正規授業を配信する

福岡大学商学部の秋季正規課程の講義「クリエイティブ社会論」をオンライン向けに編集した講義を行う。25日から毎週金曜午後8時に全10回、オンライン学習サービスの「Schoo」で生配信する。同大の履修者は課題などを提出することで単位を取得できる。

講義では教授やゲーム関連企業の経営者を招き、ゲームビジネスの製品開発やマネジメントを教える。配信は無料で、生配信は学生以外でも視聴できる。録画配信の視聴には月額980円からの有料会員登録が必要。

大学などで一般的に使用されているビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」は講師と生徒の双方向のコミュニケーションがとりづらいと分析。スクーの講義配信では「なるほど」や「質問」などのボタンを設置。講師と生徒や、生徒同士のコミュニケーションを促す。

スクーは2014年から大学との連携を始め、福岡大学が15校目となる。新型コロナウイルスの影響で遠隔授業が一般化するなか、感染収束後も「リアル(の授業)の良さとオンラインの良さを組み合わせたハイブリッドな教育が増える」(スクー)とみて、大学との連携を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン