/

古河電工子会社、ベトナムに新工場 21年8月稼働

古河電気工業の子会社で、ワイヤハーネス製造の古河AS(滋賀県甲良町)は2日、ベトナムにワイヤハーネスの新工場を設立すると発表した。投資額は約80億円。6月に現地法人を設立。工場は2021年8月の操業開始を予定する。需要が増加する北米や日本向けのアルミワイヤハーネスの生産体制を強化する。

工場は、ベトナム南部のビンロン省に建設する。ベトナムには既に2カ所の製造拠点があり、今回が3カ所目となる。新会社の資本金は800万ドル(約8億4800万円)。売上高は24年3月期に220億円を目指す。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン