/

この記事は会員限定です

介護施設の食費・居住費、特養は低所得なら軽減あり

学んでお得

[有料会員限定]

介護が必要になった高齢者が利用する特別養護老人ホーム(特養)。一般的に民間の介護施設より料金が安く、入所待ちが続く施設も少なくない。所得水準によってはさらに費用を抑えられる軽減措置もあるが、対象者の要件は厳しくなる方向だ。具体的に見てみよう。

「ユニット型個室」が増加

特養は常時介護が必要な人向けの公的施設で、原則65歳以上、要介護3以上から申し込める。公的施設には他にもリハビリなどを行う介護老人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン