/

「天引き」から始めよう 社内預金編

日経記者が指南 資産形成最初の一歩(上)

どこから手をつけていいか分からない資産運用のハジメの一歩。

サラリーマンならせっかくある勤め先の制度を徹底活用するのも手です。

毎月のお給料から機械的に引き落とされて別枠にたまる「天引き」なら、知らないうちに思った以上にまとまった額がたまります。

社内預金や財形貯蓄、従業員持ち株会に確定拠出年金……。知っていそうで実はよく分からない天引きの制度を解説します。第1回は今どき1%の「お宝預金」も残っているという社内預金を取り上げます。

教師役は「今どきの若い子」が心配でならない女性の先輩2人。日本経済新聞マネー・エディターの山本由里と日経マネー編集長、佐藤珠希が務めます。

☆この動画は10回にわたって日経CNBCで放映した番組「夏休み特別企画 天引きで貯めよう」の第1回分を編集したものです。全編は日経チャンネルマーケッツでご覧ください。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン