/

この記事は会員限定です

筋トレはビジネスに通ず 鍛えたスキル「裏切らない」

筋トレ2.0(1)

(更新) [有料会員限定]

「頭の片隅で、今日が何の日だったかを考えつつ、裸のまま日課である腕立て伏せやスクワット、腹筋などのメニューを一通りこなした。」

7月に第163回芥川賞の受賞が決まった遠野遥の「破局」。大学生の主人公は、暇を見つけては筋肉を鍛えている。

新型コロナウイルスが猛威を振るっていた4月、明治が実施した調査で「在宅勤務で新しく始めたいこと」の男性1位は筋トレだった。女性もストレッチに続いて2位に入った。LI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

筋トレ2.0

最も古い記録は紀元前2500年ごろに遡るとされる筋トレ。己の肉体を鍛えるための「苦行」が近年、姿を変えつつある。筋トレを通じて企業トップはマネジメントスキルを磨き、女性は自信を手に入れる。プロテイン商品を日常的にコンビニで目にするほど「筋肉市場」も拡大。ライフスタイルやビジネスに深く浸透した筋トレは、「2.0」の時代に突入した。(この連載は本編4回と番外編1回で構成します)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン