ニプロ、国産医療用マスク製造 ダイキンや国循など開発

2020/9/2 13:30
保存
共有
印刷
その他

新型マスクはフィルター交換式となる(写真はイメージ)

新型マスクはフィルター交換式となる(写真はイメージ)

ニプロは2日、ダイキン工業や国立循環器病研究センター、クロスエフェクト(京都市)などが開発する医療用マスクについて、年内にも製造販売を始めると発表した。新型マスクは使い捨てではなくフィルター交換式で、医療現場で使われる「N95」に匹敵する性能を持つ。

日本はN95の大半を中国からの輸入に頼っている。新型コロナウイルス感染拡大が続く中、国産品を製造販売することで医療現場の不安解消につなげる。

国循が医療現場のニーズからマスクの立案や評価を行い、クロスエフェクトは3Dプリンティング技術を生かして設計や試作、金型を作製。ダイキンがフィルター部分を開発する。ニプロは最終製品としての大量製造や販売を担う。

新型マスクは鼻や口を覆う本体とフィルターが分かれた構造。本体は水洗いやアルコール消毒することができ、フィルターを交換することで繰り返し使える。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]