/

ニプロ、国産医療用マスク製造 ダイキンや国循など開発

新型マスクはフィルター交換式となる(写真はイメージ)

ニプロは2日、ダイキン工業や国立循環器病研究センター、クロスエフェクト(京都市)などが開発する医療用マスクについて、年内にも製造販売を始めると発表した。新型マスクは使い捨てではなくフィルター交換式で、医療現場で使われる「N95」に匹敵する性能を持つ。

日本はN95の大半を中国からの輸入に頼っている。新型コロナウイルス感染拡大が続く中、国産品を製造販売することで医療現場の不安解消につなげる。

国循が医療現場のニーズからマスクの立案や評価を行い、クロスエフェクトは3Dプリンティング技術を生かして設計や試作、金型を作製。ダイキンがフィルター部分を開発する。ニプロは最終製品としての大量製造や販売を担う。

新型マスクは鼻や口を覆う本体とフィルターが分かれた構造。本体は水洗いやアルコール消毒することができ、フィルターを交換することで繰り返し使える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン