/

この記事は会員限定です

名古屋老舗ホテル、超高級に転換 大半スイート客室に

[有料会員限定]

2020年9月末で閉館するホテルナゴヤキャッスル(名古屋市)の建て替え後の構想が分かった。24年度をメドとする再開業後の室数は現在の195から4割減らし約120とし、大半を「スイートルーム」とする。3千人を収容できる「天守の間」のような中部最大の宴会場も設ける。名古屋圏の最高級のホテルとしてブランドや機能を際立たせる考えだ。

全室50平方メートル以上

ホテルを運営する「ナゴヤキャッスル」の山下孝治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン