/

この記事は会員限定です

演技する背景 マンガ家 とり・みき

[有料会員限定]

何回か続けてきた合作の話も今回で終了である。

前々回でどちらかといえばヤマザキさんは帰納的、私は演繹(えんえき)的な作話法というような書き方をしたけれども、この二つの要素は一人の作家の中にも内在しているのはいうまでもない。ヤマザキさんもまた綿密な考証から俯瞰(ふかん)的・演繹的な作話も行うが、それらが足枷(あしかせ)にならず、私よりはるかに自由度の高いお芝居が描ける点を私は「羨ましい」と書いたのだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン