/

この記事は会員限定です

再浮上うかがう金相場 専門家に展望を聞く

[有料会員限定]

金の国際相場の上値が重い。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で8月上旬に一時1トロイオンス2089.2ドルと中心限月としての最高値を更新した金先物は、現在の取引の中心である12月物が1900ドル台で足踏みしている。調整はいつまで続くのか。貴金属マーケットに長年携わってきた専門家2氏に見通しを聞いた。米国の金融緩和やそれに伴う為替のドル安進行で、金相場は再浮上するとの見方が優勢だ。(聞き手は日経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン