/

この記事は会員限定です

五輪競技会場、貸します 「空白」埋めて関心高める

(更新) [有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの延期で生じた空白期間に競技会場を大会や練習に貸し出す動きが出ている。使わないまま放置せず、利用してもらうことで大会への関心を高める狙いだ。新型コロナウイルスの感染状況を見ながら一般開放も検討する。大会後の赤字が見込まれる施設もあり、将来の活用策にもつなげる。

「五輪が開催されるコースを選手に使ってもらえてうれしい」。国内初の人工コースとなるカヌー・スラロームセンター(東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン