/

台風10号「特別警報級」 西日本へ接近・上陸の恐れ

(更新)

大型で非常に強い台風9号は3日、東シナ海を進んで九州北部に最接近し、朝鮮半島に向かった。進路に近い五島列島や対馬は天気が荒れ、交通機関に影響が出ている。日本の南のマリアナ諸島付近を進む台風10号は特別警報級に今後発達し、6~7日に奄美から西日本にかけて接近・上陸する恐れがある。

気象庁によると、2日は9号の接近に伴って長崎県五島市で44.8メートル、長崎市で40.5メートルの最大瞬間風速を観測。熊本県湯前町で24時間降水量が170ミリを超えた。引き続き高波、高潮、大雨による土砂災害、浸水、川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

九州や四国は3日にかけて海がしけそう。台風本体や周辺の雨雲の影響で東海、四国、九州北部で3日にかけて大雨になる地域がある見通しだ。

気象庁によると、台風9号は3日午前5時現在、朝鮮半島を時速35キロで北北東に進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径220キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

一方、台風10号は日本の南の海上を進んだ。気象庁は中心気圧930ヘクトパスカル以下、最大風速50メートル以上の「特別警報級」に発達する恐れがあるとしており、週末までに備えが必要だ。

気象庁によると、台風10号は3日午前3時現在、フィリピンの東を時速約20キロで西北西に進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

日本に上陸・通過時には「非常に強い」勢力になる可能性がある。同じ勢力で上陸すれば関西空港で浸水被害を引き起こした2018年9月の21号以来。接近時の最大風速は昨年首都圏で暴風被害が相次いだ台風15号の40メートルよりも強くなる恐れがあるとしている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。赤円は風速25m/s以上の暴風域

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン