ダイハツ、MaaS人材を副業公募 国内自動車大手で初

働き方改革
2020/9/2 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ダイハツ工業は国内自動車大手8社で初めて副業人材を公募する。第1弾として次世代の移動サービス「MaaS(マース)」の推進に向け、マーケティングや車体設備の開発、自治体との調整などの知見がある人材を受け入れる。自動車を造って売る事業モデルが変革期を迎える中で、終身雇用など日本型の雇用制度にとらわれず外から新しい人材を呼び込む。

9月中旬にビズリーチ(東京・渋谷)を通じて数人を募集する。副業を認めて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]