/

8月の米製造業景況感、56.0 4カ月連続上昇

【ワシントン=長沼亜紀】米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した8月の米製造業景況感指数は56.0で前月から1.8ポイント上昇した。4カ月連続の上昇で、2018年11月以来1年9カ月ぶりの高水準となった。

米製造業の回復は続いている(自動車部品工場で人工呼吸器を製造する労働者、米インディアナ州)=ロイター

製造業景気の拡大・縮小の境目である50を3カ月連続で上回り、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(55.0程度)も上回った。

5つの指数構成項目のうち「新規受注」は6.1ポイント上昇の67.6、「生産」は1.2ポイント上昇の63.3で全体をけん引した。「雇用」は46.4で2.1ポイント上昇したが、縮小圏にとどまった。

企業コメントには「国内市場の売り上げは予測以上にかなり良好」(金属製品)、「全分野で前月比売り上げが堅調に改善している」(プラスチック・ゴム製品)など明るい回答が目立った。

ただし、ISMは「多くの企業は20年中の設備投資を見合わせている」と指摘。さらに航空機部品メーカー、事務所用家具などの供給業者、石油・ガス関連企業は、需要低迷の影響を受け続けるとの見方を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン