/

桂千穂氏が死去 脚本家

桂 千穂氏(かつら・ちほ、本名=島内三秀=しまうち・みつひで、脚本家)8月13日、老衰のため死去、90歳。告別式は近親者で行った。喪主はおいの福西啓太氏。

映画「白鳥の歌なんか聞こえない」で脚本家デビュー。日活ロマンポルノ作品のほか、故大林宣彦監督の代表作である「HOUSE ハウス」などの脚本も手掛けた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン