伊予鉄、経路検索時に乗車券購入 ジョルダンと連携
MaaS開始

2020/9/1 20:35
保存
共有
印刷
その他

伊予鉄グループ(松山市)は、次世代移動サービス「MaaS(マース)」の取り組みを始めた。交通経路検索大手のジョルダンと連携する。同社のアプリ「乗換案内」で経路検索をした時に、市内電車の1日フリー乗車券や空港リムジンバス乗車券などがスマートフォン上で購入できる。観光客らの利便性向上をねらう。

伊予鉄はMaaSの取り組みを始めた

「伊予鉄MaaS」の名称で8月25日にサービスを開始した。観光客らが松山空港などに到着した際、券売機に並ばずクレジットカードによるキャッシュレス決済で乗車券を購入できる。乗り降りする時にはスマホの乗車券画面を提示する。

購入対象となるのは、市内電車が1~4日間乗り放題となるチケットや、松山空港リムジンバス乗車券など。伊予鉄によると、鉄道とバスを活用した本格的なマースの提供は四国では初めて。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]