/

この記事は会員限定です

小型工作機械で精密加工対応 長谷川機械製作所

埼の強み

[有料会員限定]

工作機械は世界市場で日本勢の存在感が強く、メーカー各社がさまざまな技術を競っている。さいたま市の長谷川機械製作所は小型の工作機械に特化し、他社の製品と一線を画す。「大は小を兼ねない」という社是に、小型機械へのこだわりと品質に対する自負の強さがにじむ。

小型の工作機械に明確な定義はないが、長谷川透社長によると「機械自体の大きさではなく、加工する対象の大きさが15センチ以下というのが業界の認識」。精巧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン