埼玉県内の公共交通、コロナで事業計画に支障

2020/9/1 19:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響が長期化し、埼玉県内の公共交通機関の事業計画に支障が出ている。経営再建中のバス会社はスポンサー探しが難航。鉄道延伸の議論もストップし、実現のめどが立たない。大野元裕知事は公共交通の充実を重点政策に掲げており、県の対応にも注目が集まる。

埼玉県内で路線バスや観光バスを運行する丸建自動車(上尾市)は5月中旬、民事再生法の適用を申請した。以前からの経営難に新型コロナによる乗客減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]